だいたいそれでいいんじゃないの

つれつれなるkixixixixiの技術的なストック。http://reload.co.jp

iPhoneアプリでApple審査に7回リジェクトを受けながらもリリースをおこなった話

先月からApp Storeに申請しているアプリがAppleに何度もリジェクトを受けていました。

今回はそのアプリでやってきたことのまとめについて書きたいと思います。

 

申請したアプリはこちら
https://itunes.apple.com/jp/app/love-diagnose/id796328387

f:id:kixixixixi:20140226204144p:plain

単純にYes/Noを答えるタイプの恋愛診断です。

 

まずは、申請とその審査結果について時系列に追っていきます。

 

- 2014/01/15 1回目の申請

このたび、申請したのは恋愛診断ができる単純なアプリです。

機能としては、質問に対してYes/Noのボタンを押して診断を行うだけ。

(前にリリースしていたアプリ [ https://itunes.apple.com/jp/app/id791172004 ] の後継)

 

- 2014/01/21 1回目のリジェクト

・タイトルとスクリーンショットのミスリーディングでリジェクト

タイトルが長過ぎてミスリーディングしているといわれたので、少し修正してかつ英語タイトルを設定してデフォルト言語を英語に変更。

スクリーンショットだけではアプリの内容を理解出来ないと指摘されたので、アプリ中身のUIを見せたスクショを追加。

 

- 2014/01/27 2回目のリジェクト

・アプリの有用性が足りないことでリジェクト

「有限の結果しかでないアプリでアプリとしての有用性がない!」ときついことをいわれた。iBookへの登録を促されるほどに。

そこで、「このアプリには答え方によってその人のパーソナリティにあった数多くのさまざまな診断結果が表示される日本でとても人気のコンテンツです」とAppleに主張して再申請。

 

- 2014/01/31 3回目のリジェクト

・インタラクションが足りないことでリジェクト

先ほどの申請に対する返答として「このアプリにはインタラクティブな機能が存在しない。我々はインタラクティブで有用なアプリを求めます。」とかえってきた。

そこまでいわれたので、何かしら機能的な改善が必要と考えました。

「恋愛診断だから恋愛相談の掲示板を設置しよう!」

前々から恋愛相談掲示板に需要があると感じていたので、「この際だからつってしまう」と考え、かなり簡易な掲示板をつくってwebviewでそのまま貼付けてみました。

先にでていた恋愛診断アプリにも全くおなじものを設置してそちらと同時に申請。

 

 

- 2014/02/10 4回目のリジェクト

・レーティング変更と投稿に対する規約を求められてリジェクト

先のアプリのアップデートはすんなり通ったのに、こちらのアプリは見事に落とされます。

問題は全年齢向けにしていることと投稿に関する規約がない事が原因とのこと。

レーティングを13歳以上に変更して、投稿に関する簡易的な規約をポップアップで表示する形式に変更してアップデート。

 

- 2014/02/14 5回目のリジェクト

・違反報告機能の設置を求められてリジェクト

投稿のフィルタリングに対する説明を求められ、違反報告機能の設置を促されます。

フィルタリングに関しては自分が目視でみていていつでも投稿の削除ができることを示しました。

そして違反報告機能(ユーザが不快に思った投稿にかんして自分の所に報告できる機能)を追加して再申請。

 

- 2014/02/17 6回目のリジェクト

・投稿内容に関してリジェクト

先のアプリ [ https://itunes.apple.com/jp/app/id791172004 ] と掲示板機能を共有していたので、そちらでの投稿に関して不快な内容があると指摘された。

なので投稿内容をテストモードと本番モードで切り分けて再申請。

 

- 2014/02/23 7回目のリジェクト

・レーティングによりメタデータリジェクト

対象年齢が13歳以上にして通ってたはずが通らなくなってしまったので18歳以上にして再度申請。

 

- 2014/02/24 

やった!審査通りました!

やっとリリースを迎えることができました。

 

長い長い道のりでした。

この長い申請期間から学んだことを簡単にまとめます。

・長くてキーワードを多く含んだタイトルは検索流入の増加に効果はありますが、ある程度統制のとれた副題の付け方をしないとStoreには嫌われるようです。最近はさらに厳しくなったようです。

スクリーンショットにはアプリ内の画面が映ったものを加えるのが無難。

・ある程度主張すればStore審査に響くようです。

・掲示板などのようなユーザが自由に投稿できる機能をつける場合はレーティングには気を配った方がよさげ。それと、違反報告機能もわすれずに。

・近頃はStore側が読み物のようなアプリにたいして厳しくなっているようです。

・「インタラクションが足りない。アプリの有用性が低い。」といわれるとかなりへこみます笑

 

他にもいろいろあると思いますが、今回学んだ主なところこんなものです。

すこしでもみなさんのお役にたてればです。

 

一通りよくあるリジェクト項目を網羅したこのアプリですが、もともと収益性にもあまり期待してなかった通りあまりインストールも収益ものびてません。

(インストールが増えればいいな。。。。)